バスガイドという仕事

各地を旅する仕事には様々な種類が存在していますが、バスガイドというのもその一つ。バスの中にあってこれから向かう旅行先の情報を教えてくれる事がありますよね。特にバスの場合は大人数が一斉に移動するため窮屈な面も、加えて移動時間をどうしても持て余してしまいますから、退屈しのぎにも、また、旅行先の情報を手に入れる事にも役立ちます。傍目から見たら仕事をしながら各地を見て回る事が出来る素晴らし物ですが、大変な面が数多く存在しています。その一つが泊まり込みでの仕事。ツアーを行う際、日をまたいで行動する事は珍しい物ではありませんが、向かった先で宿が提供される事はありません。というのも、お客様と顔を合わせて気まずい思いをさせないための配慮であり、物置等の快適とは言い難い環境で眠りにつくこともしばしば。しかも翌日には早朝から起き働き始めなければなりません。しかも、お客様と顔を合わせる職業なのでメイクをしっかりとしなければならず、朝も晩も関係なく働く訳ですから体力的な問題も重要になってきます。ですが、大きな魅力が存在する職でもあり休憩時間には現地の様子を見聞きする事が可能であり、様々な人物が入れ代わり立ち代わりやって来るので、普段の生活では会う事がないような人物とも出会う事が出来ます。また、非常に感謝される事が多い仕事でもあるのでやり甲斐がある仕事です。また、旅をする仕事の中にツアーナースというものもあります。主に団体旅行者達のツアーに同行して、具合が悪くなった方の看護をするお仕事です。看護師として働いていて、病院の体制や人間関係等に縛られたくない方にオススメできます。旅好きな方であれば、看護師の転職先候補にしてみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です